AmebaOwndの過去記事(3つしかないのでまとめ)

2017年6月25日の記事「虫干しも終わり」

今年の空梅雨は虫干しに丁度いいお天気が多くて助かりました。
そろそろ、できなくなってきたので
『きものの友』を引き出しに敷いてあとをお任せする事にします。
着物生活は手間が“かかる”と思っちゃったら負けなので、手間を“かける”を楽しむようにしています。
(そんな事も含めてラージャヨーガのレッスンになっているなぁ〜。)
 

 

via RajaJyoti
Your own website,
Ameba Ownd
 
 

 

 

2017年6月24日「絽紬(ろつむぎ)」

着物って本当に
実物どおりに写らないなぁって毎回思いますが。
 
今日の着物チャレンジは25度超えの気温。あしべ織の肌着、着物は「絽紬」というのだそうで。
実際着て外出してみると不思議、そんなに暑くなく過ごせています。風が通るので少しでも風が吹いてればそんなに暑くありません。冬に厚着した時の方が暑いかな。
この着物は中古なのにサイズが誂えたように私に合っていてとても着やすいんです。
 
絽紬という素材、一見すると紬そのものですが、透け感があって驚くほど軽いです。
 
洗えるし安価だし汗かきの夏は化繊!と思っていましたが
やはり
繊細なものを着ると
気持ちが整う感じがします。
 
もともと
ラージャヨーガの一環として着物を着ているのでそのようになるのは当たり前なんですが。
 
ラージャヨーガには決まった形がない、教える事はできない、とはクリシュナムルティの言。
 
つまるところそれは
生き方そのもの。
だから教えられない、と言っていたのでしょうね。
 
絵を描く技術は学べるけど画家がどういう風に世界を感じとっているかをコピーできないのと似ています。
 
着物で過ごしてみることで感じる世界が、たまに必要な気がして…。着物にチャレンジしています。

 

via RajaJyoti
Your own website,
Ameba Ownd
 

 

2017年6月20日「刺繍とペイント」

どうなる自分でもわからないけど
やってみたい時ってあるんですよね。
白い麻のロングシャツ羽織?ワンピース?買ってみたけど
私には
なんか白過ぎるので。

なんかやってみよ〜⭐️ と 単純な刺繍?プラス 布描きクレヨンで。

 

Before later after.

収穫は、クレヨンでボカすテクニック。偶然発見したんですが、上手にぼかせるとかなり表現の幅が増えることがわかりました。

 

早速今日から着てお出かけです。

 

via RajaJyoti
Your own website,
Ameba Ownd