今だからこそ、気分を上げてくれる色を。

 わたくしの、最新のお買い物。    チープ・シック目指して。

f:id:Soltika:20170722190927j:plain

 ブログのタイトルの49は、わたくしの実年齢にほぼ近いと思ってくださ〜い💦。

 

わたくし、若い頃はピンクが苦手で、絶対身につけない色でした。服はもちろんバッグやノートなんかも。

 

でも昔もいまも、他人からプレゼントされる物は大抵ピンク系です。ある友達からはパステルピンク帽子を指し、その歳で👌な人はまず居ないから買っとけ、と言われたことも。

 

けど、内面にはそぐわない。

 

ファッションには、生き方が現れる。そう、思います。

 

結構、アウトローでハードな幼少期を育ったから。

 

美人は得するそして苦労もする、の典型みたいな人生だった母を横目で見ながら過ごした青春期だったから。そして晩年の母は、女を商売にして何が悪い?って開き直ってて...。つまり結局、美人である事に振り回されてるのが見えて。

 

だから

生き方の選択として

ピンク色は

抵抗があったんです。

 

そして異性の目も同性の視線も気にならなくなったここ数年。

風変わりなのは変わらないけど、女性ならでは、という選択肢取り入れることに抵抗が無くなった。

 

昔とはちがって、ファッションの世界にも媚びないピンクが定着してきた。

 

だから、人生初とも言える鮮やかピンクのスカート。

 これに合わせるトップスは、ベトナム職人さんに縫製されたアオザイ風の濃紺ブラウス。

ボタンまで手作りの細部まで丁寧な造り。立体裁断なので着るとキレイなラインが出ます。コットンがベースの伸縮性のある生地なので、ミニマムシルエットでありながらとても動きやすい素材でできています。

f:id:Soltika:20170723085050j:image

 で写真。

立体縫製のため、平置きではシワが出ちゃうんですが(⌒-⌒; )。

 

これだけスタイルの確立したブラウスなら、弾けるようなペラペラお遊び気分をつつみこんで

大人に仕上げてくれる。

 

エキサイトはしないけど気分を上げてくれるピンク色。今の年齢だからこそ、安心して着られます。